読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーもあ

ゆかむーをもっとみてみて!

お仕事にしてみて変わったこと

幼稚園を退職し、エンジニアというお仕事になってから半年くらいが過ぎました。

毎日ヒーヒーいって何とかついていってる毎日です。

お仕事にする前から技術については、
エンジニアの主人に教えてもらったり、お勉強会でたくさんの方に迷惑をおかけしつつ教えて頂き学んでいたわけですが、
私にとってはお仕事と趣味では違うと感じるところが大きかったです。

人によって違うとは思うのですが、私にとっては短期間であっても
お仕事にしたことによって成長できたと感じることが多かったです。

なので、それについて書きたいと思いました。


・一つの作業に根気よく取り組めるようになった
長い時間技術の勉強をし続けることを習慣化するのは難しかったです。
幼稚園にいた頃は、割り込みの作業が入るのが当たり前で、じっくり座っている時間より、いろんなことを同時に考えてくるくる動いてる時間がほとんどでした。
家事もそういうやりかたなので、技術のお勉強中も、そわそわとしてしまったりしていました。
お仕事にすることで一日の大半が座ってじっくり取り組ませて頂けているので、習慣化されたのか、家でもあまりそわそわしなくなりました。

・何をするべきか明確になった
趣味でやっている時は、興味があったらなんでもやっていいという状況だったので、あれもいいなーでもこれもいいなー、でも、あれはあそこが難しくてーと、興味が散ってしまっていました。
今は仕事のために必要なことをやらざるを得なくて、そこに集中しようとした時、
自分にまだ足りないところや、自分がどういったことを求めているのかが見えるようになってきました。

・用語がわかるようになった
以前はひとつずつ調べて覚えようとしていましたが、私にはとても難しいことでした。
知識がない私にとって、教えて頂くための聞き方や、情報の調べ方は、とても大切なことなのですが、
用語や、言葉の使われ方がわからずに情報を引き出すことができずにいました。
それでも、お勉強会では優しくて凄い方々が、少ない私の言葉を拾って丁寧に教えて下さったことに感謝しています。
私だったら、理解することもフォローすることもできなかったと思いますし、まずイライラしてしまったと思います。
しかし、お仕事にしてしまうと、用語がバンバンはいってきます。
まだわからないことだらけですが、どういう時に使われている言葉かということぐらいは、状況から推測することができます。
本当にすこーしずつですが、用語が頭にたまってきているのを感じます。
用語が飛び交うところに長い時間いることは大きいと思いました。

・緊張感がある
やはり趣味とお仕事では緊張感が違います。
私のような怠惰な人間は、緊張感がないと動きません。
やらなくちゃ、と必死になることで得られるものは多いと思いました。

・誇りをもてる
私はエンジニアです!と言えることは誇りです。
今まではちょっと難しい本などを読む時には怖くて躊躇していましたが、
今は、「私はエンジニア!」という魔法でチャレンジしようと思えるようになってきました。
むねをはって言えることがあるのは、とても嬉しいことです。
これも趣味でやっていては得られなかったものです。

・実際に仕組みを見ることができる
これは特に私に限ってのことかもしれませんが、こことここをつないでここで表示してる・・・・ということを、理解しているつもりでも実感していない感覚がありました。
すべての知識を、「わかった!」と感じる必要はないとは思いますが、すべてがぼんやりしている状態で勉強を進めることは苦しく感じていました。
しかし、実際にそこで動いているものがあると一目瞭然です。実感も何もそこにあります。
趣味ではなかなか自分がわかってさわったところ以外の仕組みを目にしませんが、お仕事ではむしろ人が作った、自分の理解していないところばかりです。
そのわからないところを読んで、こうかなっと思ったものが実際に目の前に動き存在するという、その実感は大きいものでした。
まだまだわからないことだらけなのですが、ぼんやりとつかむところがないという感覚が少し薄れました。
そうすると怖いという感覚がずいぶんましになりました。

・大変さがわかる
憧れのエンジニアさんと一緒に苦しみを共有できることは大きな喜びです。
もちろんみんなが幸せだと良いのですが、なかなかそうはいきません。
しかし、趣味や専業ではなかった時には、そういったところから、逃げることもできましたし、やはりわからないし出会わないことも多かったです。
お仕事にするとそういったところを感じずにはいられません。
大変さがわかるから、話しあえるし、どうしていったらいいか一員として考える資格を頂いたように感じて前よりずっとお勉強会にいくことが楽しくなりました。

・お金をもらえる
当たり前ですが、これも大きいです。
お金をもらって勉強させていただけています。
幼稚園にいた時には、あくまで自分の趣味のこと。
お金はかけられないし迷惑もかけられないし、本業でないことに時間をさくことへの罪悪感すらありました。
主人は優しいので、以前から「技術書は買ってもいいよ。家事もしなくていいよ」と言ってくれていたのですが、そういう気持ちになることができませんでした。
しかし、今は少額とはいえお金をもらっているということで、家計の負担にならないように本を購入したりしています。
仕事中もお金をもらって勉強させてもらえて、もらったお金でまた勉強できる、感謝です。


と、いうわけで、ゆかむは、エンジニアになってよかったです。
ずいぶん悩みましたが、幸せです。
いろいろとあるので、いつまで続けられるかわかりませんが、この経験は私の中でずっと宝物になると思っています。


「仕事にしなくてもできることはあるよ」それはたしかにそうなのですが、
「お仕事にしたからわかったこと感じたこともあるよ」って思ったのでした。